他郷阿部家

お風呂の楽しみ方
湯舟とステンドグラスの建具(春~秋)は彫刻家ワイルズ・アレックス氏作。
薪ストーブは鉄の彫刻家 吉田正純氏作。大森の町並みに点在する鉄の彫刻も彼の作品です。ボディタワシは国産和歌山県産のシュロで作られています。
木桶は木曽の名工手作り。高野槇使用、白木と覆漆で作られています。

夏は建具を全開にしてお入りいただき、
川のせせらぎを聞きながらまた満点の星を仰ぎ見ながらおくつろぎ下さい。冬は薪ストーブの上のサウナストーンに水、又は湯をかけて頂くと浴室がミストサウナになります。
 

お風呂には、パジャマの入った風呂敷包みごとお持ち下さい。
タオル類はお風呂場にご用意してあります。
様々な肌触りのタオルをご用意しておりますので、
お好きな物をお試し下さい。
(タオルのお持ち帰りはご遠慮下さい)

入浴の順番について
阿部家ではお泊まりの皆様にご相談の上、
ご都合の良い方から順番にお入り頂いています。
お泊まりの方が大人数の日は、ご配慮いただきますよう
皆様のご協力をお願いいたします。
また入浴前と入られた後はスタッフにお声掛け下さいます様、
お願いいたします。

お湯加減は浴室内のリモコンで調整して下さい。